2010年01月06日

「国債を刷れ」だって

もう結構前の本みたいですけど、こんなブログを見つけました。
http://blogs.yahoo.co.jp/eishintradejp/23565964.html
まあ本を売りたい気持ちは分かりますが・・。
ちょいとわからないことが多いので投稿。

簡単に言うと国債は日本国民から借りてるので政府の債務は日本国民の債権なので国債が増えても大丈夫ですよ、ってことなんだと思います。
コメントやアマゾンの書評を見るとみんな賛同している風です。

【わからないところ】

>国が国民から税金を取り立て、その税金でもって国民からの借金を国民に返す。
>税金が国民から結局また国民に帰ってくる。

うん。確かに国民の間で富が移転しているだけですが、これが実現するためには国債が増えて国民に返すべき借金がどんどん増えるとそのための税収をどんどん増やさないといけませんよね。現在の税収以上に負債が増えるとさらに増税しないといけない。それはいつか無理が出るのではないのでしょうか?つまり国債の発行余力は国の徴税能力によるのではないでしょうか?

また、極端な例を言うと個人資産が1500兆円として国債の発行残高が1500兆円になるとその後国債を発行したとき誰が引き受けてくれるのかということです。
日銀がお札を刷って引き受けるとか言うのでしょうか?
そうしたら国際的に円は信用がなくなって暴落してしまうのでは?

結局は潜在成長力が増えなければ景気回復はないのではないでしょうか。
ブログ主は景気が悪くなれば社会主義経済みたいな財政支出でも乗数効果が働いて経済成長が実現できる的な意見ですがそんな打出の小槌があるとどうして信じられるのか不思議です。



Posted by 中肉中背か? at 00:02│Comments(3)経済
この記事へのコメント
>極端な例を言うと個人資産が1500兆円として国債の発行残高が1500兆円になるとその後国債を発行したとき誰が引き受けてくれるのかということです。

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10416753132.html
リンク先にその回答があります。

以下、リンク先の「新世紀のビッグブラザーへ」日本国債保有者別内訳アップデートのエントリより引用

家計が本当にお金を取り崩して消費なり投資に回してくれれば、日本は未曾有の好景気(注:国家経済のフロー、すなわちGDPの拡大期)を迎え、政府は景気対策が不要になり、税収は膨らみ、そもそも国債を発行する必要はなくなるでしょう・・・。

引用ここまで

あとは、「国債を刷れ」を読めば、あなた様の疑問も全て書いてありますよ。
もしかしたら、更新もしていないようですし、このコメントも読まれることも無いかもしれませんが・・・・

トラバ先を読んだ方が、不安になると困るので。
Posted by あひる at 2010年01月29日 06:35
>あひるさん

引用部分がばかばかしいのでリンク先を読んでいませんが。

「家計が本当にお金を取り崩して消費なり投資に回してくれれば」

「日本は未曾有の好景気(注:国家経済のフロー、すなわちGDPの拡大期)を迎え」

もうこの時点で、なぜ未曽有の好景気になるのか意味が分かりません。

例えば、家計の貯蓄を取り崩して、日本産より安い中国産の製品を皆で消費したとしましょう。
流通業者自体、供給過剰なので価格競争をして薄利で販売している現状のままとするとGDPはほとんど増えませんよね?

家計が消費をしても現状と何ら変わらないのがわかりませんか?
Posted by 中肉中背か? at 2010年02月24日 22:40
>あひるさん

コメント書いたあと、一応引用ブログを読みましたが、

>ついでに、家計がお金を使えば、それは「企業(非金融法人企業)の所得」になり、バランスシート上で「家計の資産」から「非金融法人企業の資産」へお金が移るだけの話です。

「非金融法人企業」が海外の企業だったら貿易赤字が増えますよね?
日本の「家計の資産」から海外の「非金融法人企業の資産」へお金が移るわけです。
日本は資源がありませんから常に資源を輸入しなければならないのに最終生産物でも赤字になったらどこからお金を持ってくるのですか?
国債ですかwww?
Posted by 中肉中背か? at 2010年02月24日 22:50
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。